高尿酸血症 原因

高尿酸血症 原因

【尿酸の産生が増加】

 

高尿酸血症になる原因は体の中で尿酸の産生が増加し、腎臓からの尿酸の排泄が減少してしまうことです。白血病や骨髄腫などの別の病気や薬剤によっても高尿酸血症になることがあります。

 

【原因は2つ】

 

高尿酸血症になるには、プリン体が尿酸へと代謝される過程において必要な代謝の酵素が遺伝的に異常に活発に働くことが考えられます。また、働く酵素が遺伝的に欠けている時には、尿酸が過剰に産生される為、原因の一つになります。

 

高尿酸血症は血液中の尿酸の正常値を大幅に超え、高くなっている状態です。そのため、尿酸値を下げることを考えないといけません。尿酸値が高くなると、活性酵素が過剰化し、様々な病気へ繋がります。また、肥満体系の方が、尿酸値が高くなっている為、肥満体系の改善も必要です。様々な面でデメリットがある高尿酸血症にならないためには、水素水を活用するのが重要になります。水素水は尿酸値を下げることができるものです。さらに、痛風予防や生活習慣病の予防になる為、優れていると言えます。一か月1万円以下で水素水をしっかり活用できる為、薬を使用するよりも経済的です。薬やサプリメントと併用をしても問題なく、食事療法や運動をしっかりおこなうことによってさらに効果がアップします。

 

水素水は尿酸値下げたいと思う方にとって非常に有効なものです。根本となる活性酵素が過剰化を防ぐという意味でも活用した方が良いと言えます。健康体で生活をするためには、活性酵素の過剰化を防ぐことも大きなポイントになります。

 

>>水素水で健康診断の尿酸値が7以下に改善した方法はコチラ♪