尿路結石 原因

尿路結石 原因

【尿路結石は増加傾向にある】

 

尿路結石の方はどんどん多くなっています。激しい痛みや嘔吐などの症状がある時には、30%で手術が必要になります。30~60代の男性に多いという特徴があります。

 

【原因は多岐に渡る】

 

尿路結石になる原因は多岐に渡ります。尿路に何かしらの問題があるケースや尿路感染のケースもあります。さらに、水分摂取が足りなくて尿量が足りないことや栄養バランスの悪い食事を摂っていることもあります。さらに、アレルギーが関係していることもあります。

 

尿路結石になってしまうと、激痛、吐き気、嘔吐といった症状が出てしまい、日常生活を送るのが難しくなってしまいます。当然治療は必要になりますが、予防をすることも大事になります。食事や運動面をしっかりと見直すことはもちろん、原因の一つのなる尿量を多くすることが重要です。水をしっかり飲むことが効果的になります。さらに、尿路に通路障害があることもある為、尿酸値を低くすることも必要です。そのためには、薬、サプリメント、水素水のいずれかを活用するのが望ましいですが、おすすめは水素水です。薬やサプリメントとの併用もOKであり、尿酸値下げる為に最適と言えます。また、痛風や生活習慣病の予防にも役立つので、是非とも活用したいものです。

 

尿路結石は非常に危険な病気であり、予防をするという意味では食事や運動はもちろん、水素水を活用するのも効果的となります。継続して水素水を活用することによって、尿酸値が下がり、活性酵素の過剰化を防ぐことができます。

 

尿酸値を下げる水素水 医者が認める水素水の効果とは?