血尿 原因

血尿 原因

【血尿で考えられることとは】

 

血尿になった時には、尿道、腎盂、尿管、膀胱などに結石があるケースがあります。病気としては腎癌、腎盂・尿管癌、前立腺癌などが考えられます。

 

【尿路感染症の可能性有り】

 

血尿の時には尿路感染症の疑いがあります。女性の場合は膣分泌物の混入も考えられます。大きな病気となっているケースもある為、血尿時にはすぐに泌尿器科に行って検査をした方が良いでしょう。検査の目的となるのは、尿路結石や泌尿器癌の発見です。

 

血尿は様々な病気の可能性があります。そのため、早急に泌尿器科で見てもらい、治療が必要な時には治療をした方が良いです。さらに、重要になるのが予防をしっかりおこなうことです。どういった事柄で血尿が出るかにはよりますが、尿道に結石がある時も少なくありません。その時には、尿量を増やして結石が排出されるようにすべきです。問題はその方法になりますが、大事になるのは尿酸値が下がっているかどうかです。尿量が高いと尿酸値が高くなってしまいます。その結果、活性酵素の過剰化に繋がり、老化や様々な病気にも繋がります。活用すべきは水素水であり、水素水は尿酸値を下げることができる上に、薬やサプリメントとの併用が可能となっています。痛風や生活習慣病の予防もできます。

 

血尿の原因の一つであり、尿路に結石ができることは、尿酸値を下げる必要があります。そのためには水素水を活用するのが望ましいです。薬やサプリメントを活用するよりもメリットが多い為、予防をするという意味では是非活用すべきです。

 

尿酸値を下げる水素水 医者が認める水素水の効果とは?