痛風 予防

痛風 予防

【血中の尿酸が結晶化する】

 

痛風となってしまうのは、血中の尿酸が結晶化してしまうからです。食事で摂取するプリン体から尿酸になり、食生活の改善は必要になってきます。
【バランスが崩れている】

 

痛風時は産生と排出のバランスが崩れており、尿酸が体内に蓄積されてしまっています。この溶けなくなった尿酸が体内で結晶化し、激しい痛みを引き起こしてしまいます。食生活はもちろん、ストレスによっても痛風になる要因になります。

 

痛風にならないためには、プリン体の多い食べ物を控えることが大事になります。豚、さんま、かつおなどが該当されます。意識的に摂取した方が良いのは緑黄色野菜、海藻類、イモ類などです。また、軽い運動をおこなうことも重要です。痛風の方のほとんどは肥満体系となっており、気を付けないといけません。さらに、ストレスも尿酸値上昇の要因になる為、ストレス発散も大事と言えます。また、痛風予防で効果的になるのが水素水です。薬やサプリメントを活用するよりも効果が高く、尿酸値を下げる効果もあります。薬やサプリメントとの併用もでき、副作用についても心配はありません。しっかり痛風予防をする上で、水素水は非常に適しているものと言えるでしょう。

 

痛風になった時にはしっかり治療をすることはもちろん、痛風にならないようにすることも考えないといけません。食事や運動面についての見直しを考えるとともに、水素水を活用して予防をすることも非常に効果的となります。

 

尿酸値を下げる水素水 医者が認める水素水の効果とは?